商品カテゴリー
  1. トップページ>
  2. 金属アレルギーのお話>
  3. 金属アレルギーをおこしやすい金属>
  4. 金属アレルギーを発症>
  5. 純チタンなら大丈夫
 

純チタンなら大丈夫

 

チタンについて

チタン元素記号

チタンは1791年にイギリスの聖職者ウィリアム・グレガーによって、発見されました。発見場所の メナカン谷にちなんでメナカイトと名付けられましたが、何故か有名にならずその4年後の1795年にド イツのマーチン・ハインリヒ・クラプロートという分析化学者が、ハンガリー産の金紅石(ルチル)から再発見しまし た。その金属をギリシャ神話の神タイタンにちなんでチタンと命名しました。今から およそ200年前というきわめて新しい金属なのです。また、発見されたチタンは金属チタンではなく、チ タンの酸化物でした。現代のような金属チタンに出来るようになったのは、今からわずか100年程前とい う、まだまだ新しくいろいろな可能性を秘めた金属といえます。

 

チタンの種類

 
製品としてのチタンの種類は大きく分けるとチタン合金と純チタンに分けられます。
チタン合金 用途によって、ニッケル・コバルト・クロム等と合金を作ります。チタンピアスと言ってもチタン合 金のピアスかも知れません。チタン合金には、ニッケルなどが入っている可能性もありますので、注意が必 要です。
純チタン 高純度のチタンですが、わずかに酸素や鉄が含まれます。
 

チタン 本物の見分け方

チタンの火花

チタンは酸素との結びつきが強いため、砥石などで削ると明るい火花を散らします。見た目で本物を見分け るのは難しいでしょう。
少しもったいないですが、純チタンピアスのポストを砥石のジスクで削ってみました。
本物はこのような明るい火花が散ります。

 

ファーストピアスが大切

若葉マーク

これからピアスをしたいと思っている人は、どの様な方法で穴を開けようと思っていますか? ファーストピアスはキズに直接ピアスを通すためピアスの素材にも注意したいものですね。 初めて着けるファーストピアスはとても大切な物です。穴を開けて、ピアスホールが完成するまで 1〜2ヶ月かかります。その期間はピアスが外せないため、穴を開けてからも注意が必要です。 せっかく開けるのなら、安全で安心出来る皮膚科などの医療機関がオススメです。 質問も出来ますし、いろいろ指導してもらえるはずですよ。

 

知らなかった!?ピアスと献血

ピアスと献血

あまり知られていませんがピアスの穴を開けると一定期間献血が出来ません。また、ボディ・ピアスで耳以外にピアッシングされている場合は献血が出来ない可能性もあります。ピアスをされて間もない方は、ちょっと覚えておくと良いかも知れませんね。日本赤十字社のホームページにはピアスをされる方に以下のような注意事項が記載されています。

 

blood donation

日本赤十字社 ホームページより引用 <日本赤十字社許可済>
 

なぜ純チタンは金属アレルギーにならないの?

チタンの不思議

チタンは酸素との結合が非常に強いという特徴があります。大気中では表面に酸化皮膜を作り 、金属が溶け出さないため、金属アレルギーがおこらないのです。

 

金属アレルギーになってしまったら・・・

もしもご自身が金属アレルギーだと思ったら、原因の金属を取り除いたり遠ざけた方が良いでしょう。 そのためには原因となる金属を調べないといけません。皮膚科にいくとパッチテストというもの で、原因となる金属を調べてもらえます。基本的な検査は健康保険が適用されるのであまり負担 はかかりません。皮膚科の先生に相談されることをオススメします。

 

ピュアチタンのメリット・デメリット
 
トップページへ

 
このページのトップへ