商品カテゴリー
  1. トップページ>
  2. 歯科と金属アレルギーのお話
 
歯科と金属アレルギーの話

歯の画像

日本の歯科医療

みなさんは歯医者さんへ行ったことがありますか? 多くの人が一度は歯医者さんへ行って治療をうけたことがあるのではないでしょうか? 実は日本の歯医者さんは世界でもトップクラスの技術を持ったスペシャリストだということは、あまり知られていないかもしれません。日本では保険治療で虫歯などは簡単に治してもらえます。しかし、世界的に見れば、そのような国はごく一部といえます。また日本人は手先が器用な国民であるため、技術的にも世界トップクラスの治療を受けられていると考えられます。材料についても保険治療で使われる銀歯には安全性を考えて、高価な金が12%含まれています。世界的に見て、とても恵まれた環境だと言えそうです。このような恵まれた歯科治療によって、実は金属アレルギーが増えているというのです。

 

歯科金属が溶けている!?

溶けた金属

歯科で使われている金属が口の中で溶けているそうです。もちろん、高温の炉などでドロドロに溶けた金属というイメージではありません。口の中で金属がイオン化して唾液などに溶け出しているために、肉眼で確認することはできません。 歯科治療の後、まるでタトゥーのように歯肉が黒ずんでしまうのは、イオン化して溶け出た金属が原因と考えられています。

 

歯科の金属アレルギー

歯科の金属アレルギーは、金属のかぶせ物やつめ物から溶け出した金属が体内に入り腸管から吸収され血液により全身に巡ったために体の様々な場所でアレルギーがおこるタイプの全身性金属アレルギーです。これ以上の発症メカニズムは現在のところわかっていないようです。

 

金属アレルギーをおこしやすい歯科金属

アマルガム 約50%の水銀に銀とスズ、銅、亜鉛の合金です。厚労省が認めている金属ですが、水銀の毒性を考えて歯科医師が自主的に使わないことが多いため、現在はあまり一般的ではないようです。
銀合金 コアと呼ばれるかぶせ物の土台になるものに使われることが多いようです。銀以外に亜鉛、インジウム、スズなどがふくまれています。
白金加金合金 白金加金合金は保険治療では使用しません。自費診療の場合に使用します。おもにかぶせ物に使用します。成分は金を60%〜80%に、銀、白金、パラジウム、銅、イリジウム、亜鉛などです。
金銀パラジウム合金 保険で治療した場合の俗に言う銀歯がこれになります。銀が主成分ですが、安全のため金が12%ふくまれています。その他にパラジウム約20%、銅約17%、亜鉛、スズ、インジウムなどがふくまれます。ニッケルにアレルギーのある人はパラジウムにもアレルギー反応がある人が多いので注意が必要です。
金/コバルト/ニッケル/クロム 金属アレルギーをおこしやすい金属をご覧下さい。
 

歯科でのチタン

チタンとインプラント

チタンは生体に安全な金属であり、腐食しにくく強度があるため歯科医療の分野でも活躍しています。特にインプラント治療において人工歯根はチタン合金が使われています。インプラントはチタンという金属がなければ出来ない治療なのです。そのほかに、チタンの弾性を利用した矯正装置もあります。また、純チタンの特性をいかす事によって薄くて軽い、丈夫な入れ歯ができます。もちろん、金属アレルギーの人には大変便利なアイテムです。このように歯科医療においてもチタンはなくてはならない金属と言えます。

 

金属アレルギーの方へおすすめの歯科治療

口元の画像

”金属アレルギーのおきないおすすめの歯科治療”

近年、歯科治療において、金属以外の材料によるかぶせ物やつめ物が増えています。理由は、審美性や金属価格の上昇によるところが大きいようです。金属アレルギーの人にはぜひオススメしたい治療といえます。
<オールセラミック>
セラミックは以前から歯科材料として使われています。近年は材料の進化によって壊れにくい材料が増えています。自費(保険適用外)治療に使われます。オールセラミックは金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。近年急速に普及しているジルコニアはセラミックの一種になります。従来型のメタルボンドクラウンは金属にセラミックを焼き付けた物ですので、金属アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。
<ハイブリッド・レジン><保険CAD/CAM冠(ホケンキャドカムカン)>
ハイブリッドレジンはプラスチックの硬いものです。セラミックよりも安価にできます。近年は様々な種類のものがあります。自費治療に使われます。保険CAD/CAM冠はハイブリッド・レジンのブロックから機械を使って削り出した物です。(2014年、小臼歯のみ保険適用されました。2016年4月より金属アレルギーの方に限り、大臼歯にも保険CAD/CAM冠が保険適用されました。ご利用に際しては、医科での診断書が必要となります。)2017年12月より金属アレルギーではない方の下顎第一大臼歯(下の歯の後ろから2番目の歯・親知らずがある場合は後ろから3番目の歯)に保険CAD/CAM冠が保険適用されました。適用には条件がございます。詳しくはかかりつけの歯科医院にてお聞きください。

(平成26年度から小臼歯のみ保険適用されました。平成28年度から金属アレルギーの方に限り大臼歯が保険適用されました。平成29年度から金属アレルギーではない方も下顎第一大臼歯が保険適用されました。)
  オススメの治療物歯列
インレー(詰め物) セラミック・インレー・・・セラミックで出来た詰め物 ハイブリッド・インレー・・・硬いプラスチックで出来た詰め物
クラウン(かぶせ物) オールセラミック・クラウン・・・すべてセラミックで出来たかぶせ物 ハイブリッド・ジャケット・クラウン・・・硬いプラスチックで出来たかぶせ物 保険CAD/CAM冠・・・ハイブリッド・レジンのブロックから機械を使って削り出したかぶせ物

  メリット・デメリット
メリット デメリット
オールセラミック 色が自然でキレイ・変色しない・歯肉に優しい・金属アレルギーの原因にならない 噛み合わせによっては、まれに割れることがある
ハイブリッド セラミックよりも安価にできる・適度な硬さで噛み合う歯に優しい・金属アレルギーの原因にならない 変色する可能性がある・噛み合わせによっては、まれに割れることがある
※くわしくは、かかりつけの歯科の先生へご相談されることをオススメいたします。
 

保険CAD/CAM冠ができる医療機関

保険CAD/CAM冠は医療機関が国への届け出を必要とするため、すべての歯科医療機関で治療が受けられるというわけではありません。そのため金属アレルギーの方や保険CAD/CAM冠の治療を受けてみたいと思う方は事前に医療機関への確認をオススメ致します。

(八王子市で保険CAD/CAM冠が受けられる医療機関のご紹介)
バナーをクリックすると医療機関のホームページをご覧いただけます。こちらのご紹介は八王子市の医療機関でございます。ご了承下さいませ。

中濱クリニック

 

おおい歯科医院

 
 

歯科医療の今後!?

日本の歯科治療の大半が保険治療になります。その保険治療に使われる金属は金銀パラジウム合金や銀合金がほとんどです。これらの金属の価格が上昇しているため国の財政を圧迫しています。そのため、今後保険治療に使われる金属の代わりに金属を使わない材料での治療へ変わっていく可能性があります。もしそうなれば、金属の相場に左右されず、見た目も白く、何と言っても金属アレルギーの人や、金属アレルギーの予防にも期待されています。

 
トップページへ
このページのトップへ